人気ブログランキング |
アナログフィッシュ佐々木健太郎ブログ


佐々木 健太郎 (left)
(ササキ ケンタロウ)
・・・vocals, bass

斉藤 州一郎 (right)
(サイトウ シュウイチロウ)
・・・drums, chorus

下岡 晃 (center)
(シモオカ アキラ)
・・・vocals, guitar


<佐々木健太郎 ライブ情報>

RELEASE INFORMATION
アナログフィッシュ
ベストとライヴの2枚組!
【 ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE.-ANALOGFISH:THE BEST&HIBIYA YAON LIVE.- 】

2012年3月7日 発売
¥3,000(税込)
PECF-1039/40

<収録楽曲>
[DISC1]
1. 荒野
2. Light Bright
3. 確率の夜、可能性の朝(Feat.前野健太)
4. 曖昧なハートビート
5. 最後のfuture
6.PARADOX
7. ガールフレンド
8. アンセム
9. Living in the City
10. ナイトライダー2
11. Hello
12. のどかないなかのしずかなもぐら
13. バタフライ
14. Na Na Na
15. Hybrid

[DISC2]
1. TEXAS
2. SAVANNA
3. LOW
4. ロックンロール
5. TOWN
6. UNKNOWN
7. NO WAY
8. 平行
9. 戦争がおきた
10. 風の中さ
11. PHASE
12. Fine


TSUNMA1126
我々アナログフィッシュが3月7日リリースする新音源『ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE』を皆さんに更に楽しんでいただきたく、セルフライナーノーツ的なものを書かせてもらっております。


今回、この作品は私の相棒であるシンガーソングライター下岡晃の楽曲中心に構成されており、それは我々の意図するところであり、我々アナログフィッシュが今、世界に向けて発信したい世界観であります。


それをより楽しんでいただくためのスパイスになれたら、幸いです。


僕に多羅尾伴内氏並みの文章力があったらいいのだけど、もちろんそうでは無いし、下岡晃の歌詞を
引用して見ていただいた方が、はるかに理解してもらい易いと考え、僕の好きな彼のリリックの一部を引用しながら、書かせていただきます。



【2】


Mー1【荒野】


“「選べるものが1000あろうが1つだろうが変わりはしないわ」”


“彼女曰わく「大事な物はどれかじゃなくてそれしかないの」”



※当初は三人だけでセッションしていて、その時から良い感触だったんですが、当時、斎藤、下岡がよく聴いていたpassion pitやTV ON THE RADIO といったバンド達にインスパイアを受けるうち、三人のサンウド+αの現在の形になりました。


後奏のザワザワしている感じは、プロデューサーの吉田仁さん(サロンミュージック)の『ヘイジュード的な大団円を彷彿とさせるものをやってみたら。』というアイデアからです。

僕の声が一番目立ってます。自分ではポールマッカートニーのつもりです。


ちなみにSorrys!のタカシもその中に参加してくれています。



Mー2【Light Bright】



“なだらかな坂を下りながら緩やかに終わってしまう”

“誰かが止まるのを待ちながら誰もが止まれずに”



こんな分かり易いリリックで、誰もが薄々感じていながら言葉にできずにいた、世界が抱える閉塞感や、僕たちの『当事者意識の希薄さ』や、『飼い慣らされてしまっている現状』を的確に言い当てているリリックを他に、知らない。

この曲をセッションしていたのは2008年〜2009年だったと記憶しているが、当時は自分も世界も飽和状態で、窒素寸前の日々を代弁してくれる曲でした。

ドラムはビッツくん(現HINTO)
鍵盤は木村ひさし(Clingon)です。

斎藤がバンドを離れている時の4人編成アナログフィッシュ。この4人編成にもとても手応えを感じていたし、そのピークの演奏をパッケージできたと思っています。


Mー3【確率の夜、可能性の朝 feat.前野健太】


“確率の夜を越えて/可能性の朝を行こう/今日は何かができそうだし/何にもできそうも無いよ/悲しい出来事さえ/可能性の一部だと/知る事で僕たちは/もっと自由になれそうだよ”


『痛みが人を強くする』、『悲しみが優しさにかわる』などのステレオタイプなリリックと似ているようで、その強度は比べものになりません。


このラインは同じソングライターとして、『素晴らしい。』その一言に尽きます。


この曲は巨大な可能性を秘めていたにも関わらず(当社比)なぜかお蔵入りになり、この曲のエッセンスが後に、【荒野】などといった曲達にに派生していった。と、記憶している。


そういった意味でも重要な楽曲だし、今回リリースできて、非常に嬉しく思ってます。


前野健太くんが2番を歌ってくれてます。その部分は、彼が下岡のリリックを受け作詞してくれたものです。


とても色気のある素晴らしい声です。


余談ですが、先日の前野健太ワンマンは素晴らしかった。


この曲を前野くん含め演奏できる機会があったら、やりたいね。


ちなみに第2回アナログフィッシュタウンミーティングで魚群(お客様)の皆さんとレコーディングしました。


つづく


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE.
Analogfish:THE BEST AND HIBIYA YAON LIVE.
2012.3.7 release
¥3,000(税込)
PECF-1039/40 felicity cap-137


<収録曲>
[Best Disc]
1.荒野
2.Light Bright (New mix)
3.確率の夜、可能性の朝 (Feat.前野健太) (new)
4.曖昧なハートビート
5.最後のfuture (初CD化)
6.PARADOX (New mix)
7.ガールフレンド
8.アンセム
9.Living in the City
10.ナイトライダー2
11.Hello
12.のどかないなかのしずかなもぐら
13.バタフライ
14.Na Na Na (new)
15.Hybrid


[Yaon Live Disc]
1.TEXAS
2.SAVANNA
3.LOW
4.ロックンロール
5.TOWN
6.UNKNOWN
7.NO WAY
8.平行
9.戦争がおきた
10.風の中さ
11.PHASE
12.Fine
by emm_analog | 2012-03-03 09:24 | Comments(4)
Commented by ハタハタ at 2012-03-03 20:04 x
今日、CD予約してきました~発売日に買いに行きます(^人^)健太郎さんのセルフライナーいいですね~、思い入れや曲が出来上がるまでの背景がよくわかって、より味わって聴けそうです。確率の夜~の音源もCD化嬉し~ワクワク
Commented by ぬん at 2012-03-03 20:29 x
ハッとした!!
正直忘れていた!!
もうすぐそこ~!!
3/7どきどきするなぁ。
Commented by ゆかちん at 2012-03-04 12:09 x
荒野がパッションピット等の…というところ、納得です~(^0^)♪
そして、最後はそういうことだったんですね…!

LIGHT BRIGHT大好きです☆
あの歌詞の的確さとサウンド・ハーモニーの美しさはすごいです(゚o゚)
そして、確率の夜~は、初めて聴くので楽しみです(^-^)♪
Commented by ナツコ at 2012-03-04 13:57 x
うぐ~読んでいると涙がじわ~っと。。
健太郎さんのセルフライナノーツ めちゃめちゃいいです。
つづきも、ベストも、楽しみにしています☆